勉強「するための方」法 須﨑恭彦著「勉強に集中する方法」

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
私は、勉強が趣味だと思う。勉強=苦行と捉える風潮は、学ぶハードルを上げるだけであり、趣味とは胸を張って言いにくいものの、勉強は嫌いではない。会社に入ってからも、それなりに多くの資格を取ってきた。「勉強」と聞くと、習得後にワンランクレベルが上がった自分を想像して、ワクワクしさえする。そんな自分は、学生時代に形作られた。多感な思春期において、何か得意なものがあることは精神衛生上重要だ。私は、運動神経は普通だったし、芸術系科目は得意ではない。絵画に至っては、真剣に描いたのに、心の病を疑われたこともあった。そんな私にとって、明らかに人よりよくできた勉強は心の支えだった。アタマが良いとされるのは、ルックスのよさや運動神経のよさと並んで、世間知らずで視野の狭い子どもの自己肯定感に影響する。そんな過去が勉強を苦にしない自分を作ってきた。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました