授業に余裕は大切だ。

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
子どもたちに勉強を教えていると、ついついあれもこれも教えちゃう。「あー、あれも伝えないと!」「ここも大事!」と欲張ってしまう。「教えること」だけにフォーカスを当てて授業を組み立てて、実際授業をすると、余裕がなくて最後の方は早口、駆け足で進む。授業が終わってみると、結局伝えきれてないことばかりが目について「あー、今日の授業うまくいかなかった…」となりがちです。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました