NEAがウェビナーを開催 教育関係者に加えて、中学・高校生、その保護者など641名が参加

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
 10月4日、NEAが社会で活躍する中学・高校生に『求められるもの』は何か?をテーマにウェビナーを開催。教育関係者に加えて、中学・高校生、その保護者など641名が参加した。

「これからの高校生に求める能力とコロナ後の大学の学び」をテーマに講演を行なった法政大学総長田中優子氏は、今、世界で必要とされている能力について、大学が考えるものと企業や社会が考えるものに、それほど大きな違いはないと言う。

「一つはっきりと共通しているのは、クリエイティブであること。つまり自分でものを考えながら新しい領域を創造していく能力ということです」

 田中氏は、新型コロナ禍以降の大学の授業のあり方にも言及した。達成度という考え方を組み入れることによって、対面授業、オンライン授業、オンデマンド授業を組み合わせることが可能に。そのための評価軸として、ルーブリックを用いて達成度を測る。

田中優子氏

 達成目標は学生が自分で作る。与えられるテーマの中で自分の役割を決めて、その達成目標とスケジュールを提出して、チームを組みながら達成していく。あるいは学期末までに達成する事柄を自分で決めて、スケジュールを提出し、教師と相談しながら方向性を決め、進捗報告をしながら達成することで、単位を取得していく新たな授業の形など、田中氏はコロナ後の展望を語った。

 また、広尾学園小石川中学校・高等学

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました