NEAがウェビナーを開催 教育関係者に加えて、中学・高校生、その保護者など641名が参加

塾・教職ニュース
 10月4日、NEAが社会で活躍する中学・高校生に『求められるもの』は何か?をテーマにウェビナーを開催。教育関係者に加えて、中学・高校生、その保護者など641名が参加した。

「これからの高校生に求める能力とコロナ後の大学の学び」をテーマに講演を行なった法政大学総長田中優子氏は、今、世界で必要とされている能力について、大学が考えるものと企業や社会が考えるものに、それほど大きな違いはないと言う。

「一つはっきりと共通しているのは、クリエイティブであること。つまり自分でものを考えながら新しい領域を創造していく能力ということです」

 田中氏は、新型コロナ禍以降の大学の授業のあり方にも

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました