世田谷区の社会的検査 小中学校の教職員も対象に追加

スポンサーリンク
未分類
東京都世田谷区は11月16日、介護施設などで働く人を対象に、社会的なインフラを維持するために同区が実施している新型コロナウイルスのPCR検査(社会的検査)に、区立小中学校の教職員も新たに加えると発表した。

同区では10月以降、感染リスクの高い人が利用する施設でのクラスターを抑止する目的で社会的検査を開始しており、介護事業所や障害者施設の職員をはじめ、児童養護施設や保育所、幼稚園の教職員などを対象としていたが、11月下旬から、新たに区立小中学校に勤務する教職員と、学童クラブなどの職員を追加する。……
Source: 教育新聞

リンク元

スポンサーリンク
未分類
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました