正座しても足がしびれない方法とは? 座り方のコツや、しびれを早く治す方法を解説

幼稚園・小学校

冠婚葬祭や習い事に参加するときなど、大人も子どもも正座をする機会があります。正座をした後に足がしびれて立ち上がれなくなり、気まずい思いをしたことがある人も多いのではないでしょうか。足がしびれにくい正座のコツや、しびれの治し方を解説します。
正座をすると足がしびれるのはなぜ?
正座のように床の上に直接座ると、なぜ足がしびれるのでしょうか。また、姿勢を崩して座ることで、少しは楽になるのでしょうか。正座によって足がしびれる理由を見ていきましょう。
正座で足がしびれる理由
人間の体には、刺激や痛みを感じる「知覚神経」と、脳の命令を筋肉に伝える「運動神経」が通っています。
正座をすると、上半身の重みでふくらはぎや足の甲、かかとなどが圧迫され血流が悪くなります。血流が滞ると神経のはたらきも低下し、痛みを感じにくくなったり、思うように動かせなくなったりするのです。
正座を終えて血がスムーズに流れてくると、二つの神経も正常にはたらき始め、徐々に感覚が戻ってきます。そうすると正座特有の「ジンジン」したしびれを感じるようになるのです。
猫背、横座りもしびれやすい
足がしびれるのは、体重によって血管が圧迫され、血流が滞ることが原因です。
猫背になったり、足を横に投げ出したりしても、足が圧迫されることに変わりはありません。足がしびれることを避けるために、姿勢を崩して座ってもあまり変わらないのです。
猫背

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました