ADHDは発達障害らしいけど勉強は普通にできるよね

塾・教職ニュース
ADHDの特徴は不注意・多動性・衝動性なのですが、それと合わせて「勉強についていけない」という内容を多く見かけます。この「勉強の遅れ」はADHD以外にも発達障害全般で言われることなのかもしれませんが。で、僕自身は幼少期から勉強に遅れたことはなく、義務教育中は基本的にはずっと学年で1桁順位にいました。田舎の学校でですが。それもあって自分がADHDっぽいということを自覚しないまま大人になったのかもしれません。勉強できてたら周りの大人も何も言わないですからね。ADHDの情報を調べていて「勉強の遅れ」みたいな内容が書かれてると、自分の状況と異なるのであまり参考にできません。ADHDだと「勉強が遅れる」のが多数派なのであれば情報の偏りは仕方ないのですが、、、あと、やたら子供に関する情報ばかり。おそらく「ADHDの子供」を持つ親に向けての情報なんでしょう。検索のキーワードでも「大人」と付け加えないと、自身がADHDである大人向けの情報が探せないくらい。そのぐらい子供向け情報に偏っている。とりあえずちまたに溢れてるADHDの情報は結構役に立たないことが多い。じゃあ自身がADHDの自覚があり、自分で自分をコントロールするための情報を探す人はどうしたらいいのか?「論文を探して読む」ですね。でも面倒くさいので読みたくない。とか思ってたら辛うじて「勉強ができるタイプのADHDが〜」という内容を発信してる

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました