竜巻はどうしてできるの? 竜巻の仕組みや、もしものときの避難方法も

幼稚園・小学校
目次竜巻とは?仕組みについてチェック竜巻を自宅で作ってみることも身を守る方法も!避難方法仕組みを知って自分の身を守ろう「竜巻はどうしてできるの?」と聞かれて困ったことはないでしょうか。発生する仕組み、前兆、身の守り方など、竜巻に関わるさまざまな豆知識を紹介します。知育に役立つ竜巻の作り方も紹介するので、子どもと一緒に挑戦してみましょう。
竜巻とは?仕組みについてチェック
竜巻は激しい風によってできる「大気の渦巻き」です。アメリカでは毎年のように竜巻による大きな被害が報告されています。
近年では、日本でも各地で竜巻による被害が発生しているため、これまで以上に危機意識を持つことが大切です。始めに、竜巻が発生するメカニズムや前兆について詳しく知っておきましょう。
発生のメカニズムについて
日本で起きる竜巻の多くは、地上で回転する風が「上昇気流」に乗って渦になるものだと考えられています。夏や秋に発生することが多いのは、台風や積乱雲によって上昇気流が起こりやすいためです。
はじめは大きく円を描くように回転していた風が、下から上へ引き伸ばされることで円周がコンパクトになり、スピードを増して竜巻になります。ちょうどフィギュアスケートのスピンに似ているかもしれませんね。
地上付近に大量の水蒸気があり、上層で強い風が吹いているのが、より竜巻が発生しやすい環境です。発達した竜巻は、砂ぼこりや水を巻き

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました