【仁禮彩香氏】人生を切り拓く力をつける学校

未分類
起業家やアーティストとの対話や、起業家実践などの仕組みを学ぶ教育プログラムを小中高生に提供する「TimeLeap Academy(タイムリープアカデミー)」。現役の大学生である代表の仁禮(にれい)彩香氏は「生きることのワクワク感を感じられる教育を、子供たちに届けたい」と語る。そんな彼女が理想とする学校教育とは、どのようなものなのか。インタビュー第2回では、子供たちの「自己認識」や「自己表現」というキーワードからひも解いていく。(全3回)この特集の一覧 ・中2で起業「学校をつくる」現役大学生の挑戦自己認識と自己表現できる新しい学校
――大学生になって立ち上げたタイムリープでは、小中高生に起業家教育など多様なプログラムを届けるオンラインスクールを運営されています。
起業家教育は、それ自体を届けることが目的ではなく、あくまで手段の一つだと捉えています。アカデミーの学びを通して、子供たちが自分自身を知り、表現し、才能を発揮できる力を身に付けていくことが狙いです。

私自身、小中高校時代を学習者目線で振り返ると、日本の学校教育では、子供たちが自己認識や自己表現をする機会が圧倒的に少ないことに課題を感じていました。

「起業家を輩出するのが目的なの?」とよく聞かれるのですが、こちらも本来の目的ではありません。
Source: 教育新聞

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました