自分にぴったりのパレットで水彩画を楽しもう! おすすめの水彩画パレット6選

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
目次水彩画で使うパレットの使い方や特徴は?水彩画パレットには3つの形状がある水彩画パレットの素材おすすめの水彩画パレット6選!自分にぴったりのパレットを用意して水彩画を楽しもう!
透明感のある色合いが魅力の水彩絵具は、他の絵具と比べて手軽に始めやすく、趣味として絵画を始めるならぴったりの絵具です。
水彩画を始める場合、特に種類が多い画材がパレットです。大きさや形状はもちろん素材もいろいろあるので、何を選べば良いのか分からなくなりがちです。どれくらいの大きさの水彩画を描きたいのか、どれくらいの期間使いそうかなど、使う人によってぴったりのパレットはそれぞれ違います。今回は、水彩画用パレットの違いと、おすすめを紹介します。
水彩画で使うパレットの使い方や特徴は?
アクリル絵具や油絵具と違い、水彩絵具は一般的にパレットで絵具を乾燥させてから使います。そのため、水彩絵具のパレットは絵具を色ごとに入れて乾燥させるための仕切りと、水で溶かして色同士を混ぜ合わせるための調色スペースが必要です。
アクリル絵具のように、乾いても水ですぐに溶けるので、基本的にパレットは洗う必要がありません。調色スペースが無くなった場合は、濡れたタオルなどで拭き取ってスペースを作ります。小学校などで使う絵具は「ガッシュ」と呼ばれ、一般的な水彩絵の具とは違うので、パレットは洗って使うことが多いのです。
水彩画パレットには3

リンク元

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました