名詞の使い方【3日間完成 Day1】

塾・教職ニュース
英語と日本語で異なる名詞の「使い方」人やモノ、出来事にはすべて名前が付いていて、それを「名詞」と呼びます。「ウサギ」「キャンディ」「オサム」「神戸」などがそれです。英語を話すときは主語と動詞が必要ですが、主語は必ず名詞です。つまり、英語を話すときに名詞を避けて通ることはできません。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました