【初節句のお祝い】男の子・女の子の違いは? お祝い金の相場や過ごし方、お返しのマナーまで解説!

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
目次男女で違う初節句、お祝いはいつ?初節句のお祝いの仕方みんなはどうしてる?  初節句のお祝い金相場初節句の過ごし方【ママパパの体験談】男女別|初節句に人気の定番プレゼント初節句のお返しのマナー初めての節句は家族で盛大にお祝いしょう♪
赤ちゃんが生まれて初めて迎える初節句。家族と盛大にお祝いしてあげたいけれど、いつどのように準備を進め、当日はどのように過ごしたら良いのでしょうか? 当日の過ごし方やお祝い金、オススメのプレゼントなど、初節句にまつわるあれこれを調査してみました。
男女で違う初節句、お祝いはいつ?
赤ちゃんが生まれて初めて迎えるお節句を「初節句」とよび、昔から盛大にお祝いされていましたが、そもそも「節句」とは日本の暦で、「季節が変わる節目」を指します。
江戸時代には、五節句といって、1月7日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日の計5日が祝日とされ、江戸時代にはさまざまな行事が行われていました。
女の子は3月3日
女の子の場合は、初節句は3月3日に行います。ちょうど桃の季節でもあり、桃には邪気を払う力があるといわれていたことから「桃の節句」とも呼ばれています。



女の子の初節句の祝い方|祝い金の相場、料理・衣装・プレゼントはどうする?初節句のマナーをレクチャー
女の子が生まれたなら、桃の節句(3月3日のひな祭り)に初節句を行います。

リンク元

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました