隂山英男先生が指南「小1プロブレム」を起こさないために、家庭でやるべきこととは?

幼稚園・小学校
目次入学するまでに「お手伝い」で、最後までやり抜く体験をさせてください。学習にも影響してきます。小学校入学前についた「やらずに逃げる癖」は、計算のつまずきにも関係してくる最後までキチンとやることを身につける。それに、「早寝、早起き、朝ごはん」習慣



百ます計算 、 学力向上だけが隂山先生ではありません 。すでに成人している3人のお子さんの父親でもあります。子育てが一段落した今だから見えてくること、 言えることを、隂山先生の名言とともにたっぷり語っていただきます。(*この記事は、2014年11月刊行の子育て雑誌『edu』からの出典となります)


入学するまでに「お手伝い」で、最後までやり抜く体験をさせてください。学習にも影響してきます。

 


編集部(以下 編 ) :こんにちは。本日もよろしくお願いします。
隂山 :はい、よろしくお願いします。
編 :ひところニュースで盛んにとりあげられましたが(*)、5 歳からの義務教育化を文科省が検討しはじめています。隂山先生はどのようにお考えですか。
(*)5歳児の義務教育化は、2014年から国で本格的に議論が始まった。その大きな趣旨としては、少子化対策として、「義務教育化=無償化」とすることで、幼児を抱える家庭を経済的に支援すること(「幼児教育・保育の無償化」は、2019年10月から実施)。また、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました