【体験記】法務省専門職試験【マイナー試験?】

塾・教職ニュース
みなさんお久しぶりです。今回の記事では2020年度の試験体験記という事で、お話を伺えた方の体験を中心にまとめていきたいと思います。伺った話を中心に、こちらで一部加筆・修正を加えていきます(※をつけていきます)特に地方上級や国家一般職といったメジャーな試験ではない試験の体験談は貴重だと思いますので、ぜひご覧ください。また、他の試験の体験談でも教えて良いよという方がいらっしゃいましたら、ご連絡いただければと思います(Twitterでも構いません)体験談の前に法務省専門職試験(以下法専)のお話を少しだけします法専は、法務教官や保護観察官などの区分を一括で試験する採用試験になっています。仕事の特色上、公安職に近いとも言えますし、福祉職に近いとも言えます。試験科目としては心理学や教育学や福祉学が出題されるところからも、専門性や特殊性を感じることができますが、必ずしも大学等でそれらの学部に通っていなくても試験を受験することは可能です。採用試験は国家専門職試験の日に行われます。なので国税専門官や労基の試験と同じ日に行われることになりますので、これらの併願はできません。専門職試験申し込み→法専を選択→更に法務教官・矯正心理・保護観察官といった形で区分が分かれています。教養科目はそれらの試験と同様で、専門科目は前述の通りやや特殊な科目が出題されることになります。筆記を通過すると面接試験があるのは他の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました