塾でもらった首都圏の資料を読む

塾・教職ニュース
塾のほとんどのご家庭が県内か近隣でのお受験を考えているのに対し、我が家が全国どこでもめぼしい学校があれば行きたいと考えている旨を先生にお伝えしたところ、首都圏の資料を新たにいだだきました。やっぱり大手の塾の持っている資料はいいですね。色んなネットや雑誌から情報を得ていましたが、一読して大体どこの学校が難関校でどのくらいの偏差値で、何日入試かなど全部わかりました!おもしろいのは5年生の時点で偏差値50台前半でもここは狙える、とか書いてくれているところです。5年の時点でこの偏差値だった人がこのくらい上がって受かったという折れ線グラフ付きの難関校紹介、かなりためになりました。息子は小5後半で50前半だったわけですが、例えば開成合格者は小5スタート時の最低偏差値が60代前半だったそうで、そこはもう息子の場合は頑張っても届かなそうです。でも武蔵や麻布は50からでも伸びて合格した塾生がいたらしく、50前後でも目指そう!と書いてありました。なるほど・・。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました