「ロタウィルス胃腸炎」は冬が流行期。今年8月生まれの赤ちゃんからワクチンが無料に【小児科医監修】

幼稚園・小学校
目次今年8月1日以降に出生した赤ちゃんは、ロタウィルスワクチンが「無料」で接種できるようにロタウィルスワクチンは2種類。1回目はどちらも生後14週6日までに接種をロタウィルスは感染力が非常に強く、乳幼児がかかると重症化しやすい傾向がロタウィルスワクチンは、ヒブワクチンなどとの同時接種が一般的接種後は、腸重積症に注意! 1週間は子どもの様子をよく見ましょうロタウィルス胃腸炎を防ぐのに、最も効果的なのが予防接種です。かかりつけ医を見つけるいい機会と考えてコロナ禍で外出を控えがちになり、小児科への受診が3割ほど減っているという報道がありました。乳幼児健診や予防接種も控えておこうと考えている方も多いかもしれませんが、厚生労働省は予定通りの受診や接種を勧めています。特に予防接種は遅らせることで赤ちゃんの免疫がつくのが遅れてしまうので注意しましょう。今年10月からこれまでの任意接種から定期接種となった、ロタウィルスワクチンの必要性や気になる副反応について、予防接種に詳しい崎山小児科院長 崎山 弘先生に聞きました。
今年8月1日以降に出生した赤ちゃんは、ロタウィルスワクチンが「無料」で接種できるように
2020年10月1日から、ロタウィルスワクチンが定期接種になり無料で受けられるようになりました。対象は2020年8月1日以降に生まれた赤ちゃんで、1回目の接種は生後14週6日(生後3ヵ月半過ぎ)

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました