人気アニメーション作家・大桃洋祐さん初めての絵本はこうして生まれた「子どもと過ごす時間が、インスピレーションをくれました」

幼稚園・小学校
目次『ぼくらのまちにおいでよ』は、子どもと一緒に「知ってるものさがし」が楽しめる絵本です家で仕事をしているので保育園の送り迎えはボクの役割。家族で過ごすコーヒータイムが癒やしの時間です子どもには、好きなものを好きなように見つけてほしい。親は機会を与えるだけ。何をどう感じるかは子どもの自由ですから子どものころはディズニーに夢中に。様々な海外の作家に影響されて確立した画風NHKのEテレ「おかあさんといっしょ」「みんなのうた」のアニメーションや、読売新聞の連載小説「おしゃべりな部屋」(原作/川村元気・近藤麻理恵)の挿絵を手がける、アニメーション作家の大桃洋祐さん。11月に刊行された初めての絵本『ぼくらのまちにおいでよ』のこと、二人のお子さんとの日々について、大桃さんのアトリエにうかがってお聞きしました。
『ぼくらのまちにおいでよ』は、子どもと一緒に「知ってるものさがし」が楽しめる絵本です
--絵本デビュー作『ぼくらのまちにおいでよ』が11/18に発売になりましたね。この絵本が生まれるきっかけを教えてください
現在3歳になる娘が生まれてから、“自分の暮らしは街の一部なんだ”と感じるようになったのがきっかけです。最近はモチーフとして街や人の生活を絵に描いていて、2年前に「ぼくの街においでよ」という個展をやりました。絵本はいつかやりたいと思っていたんです。個展を見てくださった編集者の方に「絵

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました