米国大使館・超教育協会共催 オンラインウェビナー「アメリカのオンライン教育の今とMOOCの未来」

塾・教職ニュース
お知らせ
このたび、米国大使館EdTechシリーズの一環として、アメリカ大使館と共催で、GSVベンチャーズパートナー / Coursera 元副社長のジュリア・スティグリッツ氏をお招きしてオンライン・ウェビナーを開催いたします。
 
新型コロナウイルス感染拡大により大きな影響を受けた教育業界では、急速なデジタル化が進んでいます。教育現場ではオンライン授業が積極的に導入され、オンライン学習に向けたアプリやツールも注目を浴びています。また、オンライン教育のさらなる発展を探るべく、今回のデジタル化はその可能性を見直すきっかけになったと言えます。
 
本ウェビナーでは、アメリカのオンライン教育の最前線で活躍するスティグリッツ氏をお迎えして、米MOOC(*)大手のCourseraでの活動やコロナ禍でのアメリカの教育の現状、さらにはアフターコロナの学びについて、最新の情報や事例を交えてお話しいたします。
皆様のご参加お待ちしております!
 
*MOOC(Massive Open Online Courses/大規模公開オンライン講座)の略語。世界中の誰もがオンラインを通じて教育を受講できるようにすることを目的に立ち上げられたオンライン学習プラットフォーム。
概要
■日時:2020年12月3日(木)  午前10時–午前11時
■講師:ジュリア・スティグリッツ氏 (J

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました