英語を教えていて

塾・教職ニュース
 大学入試のための英語を教えていて感じていることは、文章解釈も重要ですが、何よりも知識(教養)の吸収が必要だということです。第1段階は英単語暗記や文章解釈。第2段階は文構造解釈。第3段階は知識(教養)の吸収。この第3段階にどれだけ生徒に貢献できるかが講師の務めでもあります。 第1段階と第2段階は勉強という感じがしますので生徒自身が達成感を味わえます。しかし、第3段階の知識吸収は、範囲が広すぎて英文読解に役に立つのか、役に立たないのかが分かりづらく重要視しにくい分野でもあります。確かに内容がたわいのない会話、誰かの日記などはその内容の吸収が必要ではないと思いますが、経済、政治、生物、工学などがトピックであれば大いに役立ちます。例えば、MBAやその他欧米のビジネススクールの打ち出している重役プログラムなどは受験生(高校生など)が触れる機会の少ない分野です。ある程度知識があればそこまで不安になりませんが、試験本番でこのような内容をいきなり読まなければならないとなると至難です。また、マッコウクジラの調査やコーダクリック、犬の環世界、リーマンショックの流れ、SNSでの誹謗中傷と煽り運転の繋がりなどに関しての文章も然りです。問題が解けた解けなかった、解説を読んで分析をすることで終わらずに、解いた英文を読み込んで第3段階の知識吸収まで取り組めば総合力が上がり読解がしやすくなります。 生徒は「英語

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました