『「理科の授業を形づくるもの(鳴川哲也、東洋館出版社)」を読んで』

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
11月、校内研究として授業を公開する。研究教科は「理科」。研究テーマは「対話」である。私は、これまで理科の授業を真面目に考えてしてきていない。ハテナを見つけて、その解決に向けてワイワイと実験したり、話したりする事は楽しいな。といった具合である。一昨年には、10年目の代表者授業として理科の授業を公開する事になった。単元は「6年:水溶液の性質」だった。その時は困った。2→6→6と担任していた私は、理科の授業を見てはいても、3年近くしていなかったからである。この時がまさに、「ハテナを見つけて、その解決に向けてワイワイと実験したり、話したりする」ような事しかできなかった。自治体の進めている指導案の書き方に関する研修動画を見たり、理科授業のノウハウ本のようなものを数冊読んだりした。大きな失敗や後悔があったわけではないが、理科の授業としては満足のいくものではな今回は、3つのねらいがある。 ①理科の教科の特性を学ぶ ②対話のあり方について提案する ③「子どもが”問う”」事を再考するそのために数冊の本を読んだ。本稿で取り上げた一冊は、「①理科の教科の特性を学ぶ」である。ちなみに、本校の研究は教科研究ではない。ではなぜ、教科の特性を学びたいと思ったか?それは、クラスの子ども達の好きな教科の一つが理科だからである。そして、子ども達は私と同様に、「ただ楽しい」という理由で好きなのである。それを変えたい。

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました