“これからの国の教育ビジョン”って? 学校教育の向かう先を把握しておこう!【発育のススメ】

幼稚園・小学校
目次子どもの「〜したい」が能力のベースになる“これからの教育”子どもの「~したい」を大切にする教育とは「~したい」は家庭教育で育まれる学校と親がともに“これからの教育”を考える時代教育と訳されるeducationの語源はeduce。「能力や可能性を引き出す」という意味です。
本来の意味を知る福沢諭吉はeducationを「発育」とすべきと主張したそう。
この記事シリーズでは、教える側ではなく学ぶ側を主体とした発育をコンセプトに、最先端の教育事情を紹介します。

時代の変化にともない学校教育のあり方も変わりつつありますが、これからの子どもたちに必要な教育とはどんなものでしょう? 国の教育ビジョンを審議する中央教育審議会委員を務める荒瀬先生に伺いました。
子どもの「〜したい」が能力のベースになる“これからの教育”
日本の学校教育は、教育基本法、学校教育法に基づいて行われます。下記のように、教育基本法は“人は力を持っている”前提で書かれていますが、人はもともとどんな力があるのでしょうか。「生まれながらに持つ能力が学力とも関わる」と仮定すると、学校教育法にある学力の3要素のうち、 「主体的に学習に取り組む態度」 がそれに該当しそうです。
赤ちゃんは誰にも教わるともなく、ものをつかんで口に入れたり、言葉が使えるようになると「なぜ?」「どうして?」と尋ねたりします。人は外界を認知してその中

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました