リアル授業とオンライン授業、それぞれの価値を探りハイブリッドに 第22回オンラインシンポ「リアル×オンラインの壁を限りなくゼロに 新たな教育の形を模索するための教室プロトタイプ~ 未来の教室プロジェクト」レポート・後半

塾・教職ニュース
概要
超教育協会は2020年10月19日、静岡聖光学院中学校・高等学校の平本直之氏と中村光揮氏を招いて、「リアル×オンラインの壁を限りなくゼロに 新たな教育の形を模索するための教室プロトタイプ~ 未来の教室プロジェクト」と題したオンライン講演会を開催した。講演会の前半では平本氏が、静岡聖光学院中学校・高等学校で実践したオンライン授業のためのICT環境の整え方と活用ポイント、同校でのリアルとオンラインの壁をなくす授業の実践について紹介。後半は、超教育協会理事長の石戸奈々子をファシリテーターに、参加者からの質問をもとにした質疑応答が実施された。その後半の模様を紹介する。
 
>> 前半のレポートはこちら
 
「リアル×オンラインの壁を限りなくゼロに 新たな教育の形を模索するための教室プロトタイプ~ 未来の教室プロジェクト」
■日時:2020年10月19日(月)12時~12時55分
■講演:平本直之氏 静岡聖光学院中学校・高等学校
未来の教室プロジェクト 代表
■ファシリテーター:石戸奈々子 超教育協会理事長
 
講演会の後半では参加者から寄せられた質問をもとに、ファシリテーターの石戸と平本氏、同じく静岡聖光学院の中村光揮氏に交えての質疑応答が行われた。
 
▲ 写真・中村光揮氏 静岡聖光学院中学校・高等学校 教員
 
オンライン授業を

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました